集いの場

title5


初産み卵

●初産み卵について
小さいけど確かな味と力
鶏は孵化して4ヵ月前後で卵を産み始めますが、最初の卵は祖母に食べさせ、と昔から言われております。
また、地方によっては、お産をする女性に食べさせると安産になるということで親しまれています。
初たまごは、若い鶏が産みます。
産み始めの若鶏は、『初たまご』と呼ばれる小さな卵をうみます。

保存方法とアトピーについて

●保存方法について

卵の賞味期限は、常温で流通した後、家で冷蔵保管されることを前提に決定されている。季節によって差があり、夏場では産卵から三週間程度の賞味期限だが、冬場なら一ヶ月近く持ちます。

卵白に含ませているリゾチ-ムという酵素が細菌の細胞壁を溶かすのも長持ちする理由である。

●アトピー性皮膚炎とは
アトピー性皮膚炎は、患者さんの数が増え、マスコミが盛んに取り上げるようになり一般にも認知されるようになりました。 アトピー性皮膚炎とは、慢性に経過する湿疹の1つですが、内的な要因と外的な 要因がからみ発症します。

通常、アトピー性皮膚炎は幼児期に発症し年齢につれて軽快していきますが、最近では成人型アトピー性皮膚炎といわれる成人期まで症状が残ったり、成人期になって発症するものも増えてきました。

アトピー性皮膚炎はすでに子供だけの病気ではなくなっているのです。

photo6

●その効果は?
木酢液は医薬品ではありませんが、さまざまな成分の複合作用によって、乾燥性皮膚炎をはじめ慢性湿疹などの皮膚疾患や、なかなか完治しない水虫、アトピー性皮膚炎などにも有効なことが皮膚科専門医の臨床例でも認められています。

木酢液には天然のポリフェノールやクレゾールなど殺菌作用のある成分が含まれていて、これらの成分も皮膚症状の改善に関係していると考えられます。

▲このページの先頭へ